img-1

AGA治療薬の種類について

AGA治療が病院やクリニックで行われるようになってずいぶんと経ちますが、実際にどのような治療が行われているのかといったことがいまいちわからないという人も多いです。

気軽に渋谷にある審美歯科の最新情報を掲載しました。

そこで、AGA治療はどのようなことをするのかというと、まず基本的には薬物治療が中心になってきます。

どのような薬を用いるのかというと、飲む薬であるプロペシアと頭皮につける薬であるミノキシジルの2種類の薬を用いるのが一般的です。


これらの薬は、効果が出るまでには一定の時間が必要になってくると考えられています。

あなたの期待に応える渋谷のたるみの安心情報、今すぐ確認してみましょう。

まず、飲む薬であるプロペシアは、飲む育毛剤としてAGA治療に使用される医薬品であり、1997年にAGA治療薬として認可された薬です。効果としては、薄毛の原因とされる酵素への変換を防ぐという効果があります。


この効果により男性ホルモンによる髪の毛の成長の阻害がなくなり、正常な髪の毛の成長を促すことができるようになります。

魅力的な東京のマイクロスコープの情報が詰まったサイトです。

国内の臨床試験では、3年間の使用でおよそ70パーセント以上の人に何らかの効果が見られたといわれています。


次に、つける薬であるミノキシジルは、直接髪の毛の成長に関係する毛母細胞に働きかけ、毛母細胞の分裂を活性化させることで発毛を促すという効果があります。

多発性脱毛の治療情報をご紹介いたします。

ミノキシジルは最初は血管拡張剤として開発された成分であり、高血圧の人に対して用いられていた薬でした。しかし、ミノキシジルを使用した患者が多毛症になるケースが多く見られたため、AGA治療にも用いられるようになりました。

1人1人に合った大阪のシワのことなら、こちらをご参考にしてください。

現在医療機関ではAGA治療を行っていますから、保険は適応外となって費用が多少かかってしまいますが、AGA治療を受けて薄毛の改善を目指すことができるようになっています。


このAGA治療では、内服薬を服用するという方法と外用剤を頭皮につけるという方法で行っていきます。

外用剤については、ミノキシジルという成分を直接頭皮につけるという方法で行っていきます。

http://smany.jp/7511

このミノキシジルは、もともとは育毛剤として開発されたものではく、血管拡張剤として高血圧の患者に用いられていた薬でした。

http://girlschannel.net/topics/936867/

そこで、ミノキシジルを使用した人の体毛が濃くなったということがわかり、AGA治療にも広く用いられるようになったという経緯があります。
このミノキシジルを頭皮につけることによって、髪の毛の成長を促している毛母細胞を活性化させることができるようになりますから、発毛効果を期待することができます。

http://okwave.jp/qa/q9117780.html

副作用としては、頭皮のかゆみやかぶれなどの皮膚炎、湿疹、脂漏性皮膚炎などがありますが、内服薬よりは副作用のリスクは少ないと考えられます。

ただし、低血圧の人は血圧が下がり過ぎてしまう危険性があるので使用には注意が必要になってきます。ミノキシジルを頭皮につけ頭皮の血行を促進し、内服薬によって薄毛の成長を阻害している要因を取り除くことによってより発毛効果を期待することができるようになりますから、多くの医療機関では内服薬と外用剤を併用するということが多いです。

関連リンク

img-2

AGA治療に用いられる代表的な薬

医療機関でAGA治療を扱うことが多くなりましたから、気軽にAGA外来に通院することができるようになりました。AGA治療の中心となるのは薬物療法ということになります。...

more
img-3

AGA治療と運動習慣

AGA治療は薬の力を利用して、毛髪の成長を阻害している酵素の働きを弱めるということを行っていくわけですが、同時に生活習慣を改善するということも非常に重要な点になってきます。薬の服用だけでも薄毛が改善する人ももちろんいるわけですが、現在のAGA治療には限界があり、完璧に薄毛が改善するとは限りません。...

more